• 印鑑
  • 新規会員登録
  • メルマガ登録/解除
  • 印鑑・シャチハタの納期
  • 印鑑・シャチハタのデザイン確認
  • FAX受注OK!
  • シャチハタ大口注文OK!
  • はんこの豆知識
  • Twitterアカウントはこちら
  • シャチハタ屋さん
  • 印鑑
 
ホーム > はんこの豆知識  > 開運吉相印とは
  • 印鑑の種類
  • 印鑑の書体
  • 印鑑のサイズ
  • 印鑑の材料
  • 象牙について
  • 開運吉相印

「開運吉相印」とは、縁起の良い彫刻方法で造るご印鑑の事です。
生年月日と姓名から印相学に基づき、その方に一番合う字画(接点数)を割り出します。
その字画(接点数)の中にその方に良い方角、悪い方角が出てきますので、その悪い方角を補うような印影を作り出します。
お客様のオリジナルの印影をお作りしますので、身分証明(印鑑証明書)としてふさわしい「実印」や、 お金や資産を管理する大事な「銀行印」にする場合などに「開運吉相印」をお勧めいたします。
出産や成人はもちろん、入学・卒業・合格など、縁起物でもありますので「開運吉相印」を認印にした り、お祝いの品として贈ると大変喜ばれます。

開運吉相印と吉相体印は似ている面もありますが、まったく異なる印鑑です。現代ではパソコンの普及により「吉相印」という書体(フォント)も存在する事から、この「吉相体」という書体で入力しただけ、というのが多いのが現状です。
しかしながら、当店の彫刻士 林の「開運吉相印」は、例えば「田中太郎」さんという同姓同名の方がいらっしゃっても、生年月日が1日違えば、鑑定結果が異なってきますので、おのずと違う印影になるのです。
この微妙な違いを印影で表現するには、文字の本質(歴史)から、円の中にバランス良く納める技術が必要となり、長年の修行でしか、なし得ない匠の技なのです。
実印ともなれば、一生にそう何度も作るものではありません。せっかくご来店頂いたお客様の実印ですので、彫刻士が1本ずつ感謝の気持ちを込めて丁寧に仕上げさせて頂いております。
「吉相印」という単なる書体があるということと、彫刻士が作る「開運吉相印」があることをご理解頂きたいと思っております。

「開運吉相印」として縁起の良い彫刻方法ではございますが、当店として申し上げておきたい点は、「印鑑を作ったからすぐ運勢が良くなる」「お金が貯まる」と称して販売はしておりません。
あくまでご本人の努力次第に変わりはございませんが、熊手や御守りのような「縁起物」として、その努力過程に寄り添う「お守り」としてお持ち頂けるよう、1本ずつ丁寧に彫刻させて頂いております。

上記の姓名ですと、